トップページ > 各支部情報 > 東海支部

東海支部

樹徳会東海支部

昭和38年に誕生した「同志社大学商学部樹徳会名古屋支部」は、平成13年より「東海支部」へと改組し、その活動範囲を広げています。規約には「支部会員相互の親睦をはかるとともに、本部の事業に協力し、同志社大学商学部の発展に寄与することを目的とする」と記載されており、毎年6月に「樹徳会東海支部 総会・懇親会」を開催しています。

長い歴史を反映し、20代から80代まで幅広い世代にわたって、100名近いOB・OGが参加されるとても賑やかで活発な会です。校友同士の繋がりやビジネスでの繋がりを大切にする樹徳会らしく、商学部のOB・OGはもちろん、他学部の友情参加を歓迎しており、実際に多くの学部の皆様にご参加頂き、学部を問わず同志社校友としてのひとときを過ごす場となっています。
近年では、ご参加頂ける皆様の満足度をできるだけ高いものにするため、様々な新しい試みを取り入れています。例えば、雰囲気が堅くなりがちな総会の冒頭に「オープニング・ピアノ・コンサート」を導入し、好評を博しています。同志社カレッジソングも生演奏のピアノ伴奏によるものです。定番となっている「記念講演」についても、同志社の教授によるアカデミックな内容の年もあれば、新島襄先生を題材として講談師に依頼をした年もあります。型にはまらず、新たな内容を盛り込んでいく姿勢を大切にしています。また、ペアチケット割引の導入などにより、ご夫婦やお子さまをお連れになってのご参加も増えてきました。
最近は、個人情報保護の観点から、校友同士の繋がりを見つけ出すことが困難になりつつありますが、そのような環境なればこそ、ともに同志社で青春を過ごした校友が集い、地域や世代を超えて楽しい時間を共有できる場を提供していく意義は一層大きくなっていると考えています。同志社OB・OGの皆様、ぜひ一度、同志社大学商学部樹徳会東海支部総会・懇親会へご参加ください。