トップページ > 樹徳会について > 理事長挨拶

樹徳会について

会長挨拶

同志社大学商学部樹徳会理事長南美樹

熱い気持ちを受け継ぐ

 

 平成27年1月27日に開催された理事会におきまして、第12代同志社大学商学部樹徳会理事長に選出されました南 美樹
(みなみよしき)です。
 永きに亘り樹徳会をけん引された坂前理事長に厚く御礼を申し上げます。
2年間寄付講座を開催し、ホームページもリニューアルされ、また、各支部を率先してまわられ、活性化にご尽力されました。
坂前理事長のご功績は一言では語り尽くせません。そして、同志社校友会本部との関係も改善され自ら本部理事となり、現在も同志社ブランドの向上の為、精力的に活動されています。
 この坂前理事長の熱い気持ちを受け継ぎ、樹徳会の目的である『同志社大学商学部の発展に寄与すると共に教育の場を提供し、併せて会員相互の親睦と組織の充実を図ること』を実現していきたいと思います。(同志社大学商学部樹徳会会則第2条)
みなさまご高承の通り、同志社大学商学部樹徳会は、同志社専門学校高等商業部、同志社高等商業学校、同志社経済専門学校、同志社大学商学部、同志社大学大学院商学研究科を卒業、または在籍された方々の同窓会です。
大正15年(1926年)4月に徳照会(樹徳会の前身)が創立されて、平成28年で90周年となります。みなさまと一緒に、この歴史と伝統を受け継ぎ、時代に合わせた発展を目指していきましょう。まず、同窓会の楽しみを十分に感じて下さる時間をみなさまと共有したいですね。
 年に一度は再会し、ともに健康を喜び、旧交を温める時間。学生に戻り恩師と杯を挙げる。この格別な時間を作っていきましょう。是非定時総会にはご参加下さい。
 次に、ビジネスに繋がる出会いを大切にしていきましょう。同じ大学の、しかも同じ学部の卒業生同士、いくら年齢が離れていても、今出川キャンパスの思い出は共有できますね。ホームページや支部総会、ゼミ会を通じて大いに交流を深めWIN=WINの関係を築いていきましょう。
 坂前理事長の注力された『ゼミも支部』の考えで、連携を密にしましょう。3年連続10人以上の方々が、定時総会に出席されたゼミには『ゼミの旗』を寄贈します。
 そして、同志社大学商学部の発展に寄与すること、です。
従来からの学会補助金制度や新入学生歓迎会での記念品贈呈、新入会員歓迎パーティーの開催や優秀学生表彰をより充実させていきます。また、学生の方々への就職支援が出来ないか、鋭意検討し、実践していきます。
 坂前理事長よりふた回りも若返った執行部には樋口始郎副理事長に加え新たに井上誠二様と須田祐司様に副理事長にご就任願いました。それと女性理事も増えてきました。今年の商学部新入学生の内40%が女子学生です。若い世代の方々と女性会員の参加を増やし、次の世代へとバトンを渡せていければいいなぁ、と思っています
 大変お世話になったこの樹徳会に少しでも恩返しできればとの思いで、理事長の大任を受けさせて頂く決意をしました。
まだまだ未熟ではございますが、新体制に対し、倍旧のご支援ご鞭撻を賜れば幸いです。
 何卒よろしくお願い申し上げます。